Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.10.16 Friday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

旅行

関西旅行記  粗猯品圈

梅雨らしく、じめじめしてますね。
湿気って体力奪われる…

もう1か月も過ぎてしまいましたが、6月初旬に
家族で関西を旅してまいりました。

まずは奈良に上陸!
せんと君!
とりあえず手つないでみたけど、このキャラなんなん?

JUGEMテーマ:旅行
奈良一番のお目当てはやはり大仏です。
東大寺にやってきました。

あいにくの雨模様だったけど、暑いよりよかったわ。

修学旅行生と奈良公園。
う〜ん、奈良に来た!って感じ^^

参道で柚さん第一鹿に遭遇!
最初の接近
め寄られ、固まります。

本当にまったく人を怖がらないんですね。
てゆーか幼児を怖がらせてます。
鹿が怖い柚さん
完全に私を盾にする柚さん。

来る前は鹿に会うのを楽しみにしていたのですが。
さすがに目の前に現れると、大きいね!

さらに進むと…

鹿がいすぎです。
んだけ〜!(←古い)

ここで柚さん
「鹿さんにおせんべあげたい」
と言い出します。

そうね。
奈良公園といえば鹿せんべいよね。

見るとおせんべ売りの小屋もあります。
お店のおじさんに「おせんべください」と声をかけました。

おじさん、お金を受け取りながら
「道の端っこでやってね、真ん中でやると…」
って説明してくれてたのですが、ふと私の背後を見やった
その目がきらりぴかぴかと光ります。

「…てる。」

!?

振り向いてびっくりびっくり
無数の鹿が、音もなく私を取り囲んでいるのです。

もう、おせんべやで買ってる姿を確認したら
Go』なのですね。

おとなしそうな彼らですが…
なにしろ数がすぎる。

どの子からあげたらいいか迷っていると、
しかつっ」

ひえっ

かまれた!

途端に恐怖に襲われます。

逃げると、追ってきます。
持ってたカゴバッグに顔を突っ込んできます。
腰のあたりにアタックしてきます。

逃げても後からあとから追ってくる爆弾

そう、手におせんべ持ってるからね。

柚に
「ほら、鹿さんにあげなさい!」
って渡そうとしても、柚もすっかり腰が引けてます。

このおせんべ受け取ったら、ママみたいにわれる。
そう確信したに違いない彼女はひたすら気配を消し始めました。
(むむっニョロ

だんなにパスしようとしても、鹿軍団にブロックされる。
鹿を遠ざけるために必死におせんべを遠くに投げようとするも
薄くて軽いおせんべは飛ばず…

ますます鹿に詰め寄られ、プチパニックに陥る私。

結局、強引にだんなにおせんべを押し付けて
その場を離れました。

だんなは
「痛っ!いたた〜」
って言いながら、何とかおせんべを巻き終わりました。

すると、潮が引くように散っていく鹿さんたち。
参道に平穏が戻ってきました。

やれやれ
もう二度と鹿せんべいは買わないわ。

そんなこんなで、ひと騒動終えて大仏見物へ。
あ・うんの像も怖いの
南大門で迎えてくれた金剛力士像。
こっちは「うん」の方ですね。

柚、これが怖くてしかたありません。

写真撮るよ〜って言っても、
「前に立ちたくない!」
って^^

確かにすごい迫力です。

大仏殿だよ!
大仏殿が見えました!

中学の修学旅行依頼です。
でもその頃の記憶がかなりあやふやな私。。。

まぁもう四半世紀も前だからねプシュー

正面から!
ひらめきどど〜んひらめき

わぁ、やっぱりおっきいね。
でも人も一緒に写さないと大きさがよくわからないあせあせ

真剣な柚さん
まずはお参り。
何やら真剣に拝む柚さん。

どんなことをお願いしたのかな?

よ〜し拝んだ!

…拝んだっ
やり切ったご様子。

後ろに回ると

大仏様の後姿
こんな感じ。
角度が変わっても美しいです。

しかしこんなに大きな仏像…
あの時代、労力も資金も途方もなくかかったでしょうに。

ヨーロッパの教会を見たときも思いましたけど、
人心を集めようとするとやはり壮大な物を作るんですね。

さて最後はお約束の…
まだまだ余裕♪
ぴかぴか柱の穴くぐりぴかぴか

主に子供たちが行列してました。
小学校高学年くらいになると、大柄な子は厳しいかも…

柚さんはまだまだ余裕。

帰って調べてみたら、この穴は大仏様の鼻の穴の大きさと
同じなんですって。
くぐると無病息災のご利益があるとか。よかったねラブ

外に出ると…
かわゆい。
大仏殿周辺の鹿さん。
仲良し、かわいいかわいい
(この子達に穏やかにえさやりしたかったピピピ

帰ってから、ぶっちゃけ寺で東大寺特集をやってて興奮しました。
できれば行く前に見たかったなぁ

春日大社!
お次は、同じく奈良公園の中にある春日大社。
「二十年に一度」の横断幕に惹かれます。

この入口から本殿まで、けっこうな距離の参道を歩きます。

朱色が美しい♪
やっとついた!
朱塗りの神殿が美しいです。

なんでも、国宝の本殿が二十年に一度造りかえられ、その時に
中の神様を別の場所にお移しするのだそうで…

神様がいらっしゃらない状態の本殿を公開しているのです。
やはり神様というのは、畏れ多くて人は近づけないものなんですね。

公開されてはいたものの、写真撮影はNGでした汗

昔は皇族しか立ち入れなかったような場所もあったりして…
なんだか背筋が自然に伸びちゃいます。
灯籠だらけ!
灯籠がたくさん釣り下げられていました。

この鳥居の向こうは…
パワースポット!
なにやらパワースポットな気配。

ここに祭られているタケミカヅチの命が、白鹿の背に乗って
天から降り立った場所なんですって。

神話って、混とんとしてるけどけっこう興味深いですよね。
神社めぐりも楽しそうです。

お札ゲット
柚さんは、参拝記念にもらったこのお札が超お気に入り。
旅行中、ず〜っと首にかけてました^^

紫舟さんの書いた「春日大社」の文字と、裏には「春」の文字が
入っています。

さて、次に電車で移動した先は…
法隆寺にて3ショット
法隆寺です、イェイるんるん

山岸涼子さんの「日出処の天子」ファンな私は
興奮を隠しきれませんっプシュー

厩戸の王子がお建てになったかと思うと…

ここでも金剛力士像が出迎えてくれました。
東大寺とはずいぶん雰囲気が違いますね。
金剛力士像
これは「あ」の方。
右にいて、口があ〜って開いてると覚えましょう。

金剛力士像
こちらは「うん」の方
(口が閉じてる!)

中に入ると…
法隆寺
おぉっ
見よ、この美しい配列

奈良は京都と比べて、雄大でスケールの大きなイメージですね。

宝物殿も、教科書で見るような国宝、重文がわんさかあって、
中学生のころにもきっと見てるんだけど忘れてますね。

今回は頭の中でいろいろつながって、時間を忘れて眺めてしまいました。

肩車してもらう柚さん
さすがに疲れたなぁ…
柚さん、パパに肩車です。

もうおっきくなったから、これが人生最後の
肩車かもよ〜よつばのクローバー











 
  • 2015.07.03 Friday
  • 13:49

-

スポンサーサイト

  • 2015.10.16 Friday
  • 13:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback